記事一覧

保証の効力はいつ発生するか

A社に対する1,000万円の信用保証書の交付を受けたが、保証契約の具体的内容が明示されているのだから交付のとき保証契約は効力が発生しているのか。もしそうでなければいつ効力が発生するのか。

保証契約の効力は貸付(割引)実行したときに生ずる。保証契約の効力については、保証債務の付従性の理論から主たる債務の発生、すなわち貸付が実行されたときに発生する(約定書例2条)。

貸付実行により保証契約の効力が発生
信用保証書の交付により保証契約は成立し、貸付実行により効力は発生する。

(1)保証契約の成立と効力発生
約定書例では、信用保証協会が保証決定(承諾)後において、当該保証債務が発生しだかどうかにより、保証契約の成立(約定書例1条)と効力の発生(同2条)とを区別している。すなわち、信用保証協会と金融機関との間で約定書を締結し、個々の保証取引に共通する事項・手続等保証取引に関する基本的事項を包括的に定めているが、これによって個々の保証委託申込に対する保証契約が当然に成立したことにはならない。つまり、個々の案件毎に保証契約内容を決定し、これを表示した信用保証書を金融機関に交付することにより保証契約を成立させることとしている。一方、保証契約の効力は金融機関が貸付を行ったときに生ずる(約定書例2条)。つまり、主たる債務の発生時期。すなわち保証債務の成立時期をもって効力が生ずることとなる。

(2)効力が発生する前提
保証委託申込事務が完了したからといって、信用保証協会の保証決定状況を十分確認しないまま貸付実行しても保証契約の効力は当然生じない。実務上、信用保証協会に対し保証承諾の確認が粗漏のため、あるいは保証委託申込からの日時を見積って貸付実行したため、結果として保証日前め貸付実行となった場合は、保証契約成立前のいわゆる事前貸出によって無効となる。また、保証契約成立後であっても、信用保証書の有効期間である30日(特別な事情がある場合には60日)(約定書例2条)を経過した場合の貸付実行は無効となり、いずれも保証債務が有効に成立せず、保証協会とは無関係のプロパー貸付となるから注意を要する。

キャッシング 即日 審査